toggle
2020-02-02

安易に否定しない自分でいたい。

マニアックな物真似を2、3個持っておきたいと思っているkatumi です。

 

今のところダイナーの藤原竜也さんと、チンピラの柴田恭兵さんのみです。

 

今日は映画、「CATS」を観てきました。

 

yucco が行きたい行きたい言うので。

 

本来ミュージカルは苦手。

 

昔オペラ座の怪人を観に行ってぐーぐー寝ていたのはワタクシです。

 

ただ今回は映画なので気軽に行ける&猫ということで行ってきました。

 

まあワタクシ劇団四季さんのキャッツも全く知らないということもあり、先入観はゼロでしたので割りと楽しめました。

 

内容は大したあらすじではありませんが、やはり味噌はダンスと歌。

 

その辺りはどちらも素晴らしかったです。

 

ただこれは賛否両論めっちゃ分かれるだろうなと。

 

舞台を映画化するというのは結構ありますが、キャッツはね。

 

キャッツは舞台のファンの方は絶対映画には納得しないだろうなと思いますしね。

 

ただ、ワタクシみたいに舞台を観たことない人はこの映画をきっかけに舞台に行こうという気持ちになる方も多いと思います。

 

たぶんこの映画で一番得をしたのは舞台のキャッツだと思いますな。

 

ただワタクシはこの映画、CGだったりダンスだったりと本当に素晴らしかったので、安易に舞台と比較して否定するべきじゃないなあと思いました。

 

とりあえず猫好きな方は良いかと思います。

 

それではバビチャンカフェ、日曜日もよろしくお願い致します。