toggle
2020-01-15

たかがコーヒー、されどコーヒー、でもやっぱたかがコーヒー。

どうも、katumiです。

 

バビチャンカフェのコーヒーは常滑のケディバシュカンでワタクシが焙煎しております。

 

基本的に3種類で、すべてブレンドでお出ししております。

 

中煎り、深煎り、極深煎りという具合で、それぞれ違う味わいですが、コーヒーの量や挽き方もそれぞれの焙煎度に合った淹れ方で提供しております。

 

基本は深煎りで、コクとほのかな酸味で、迷ったらこれを。(フローチャートもあるのでそちらでも)

 

比較的どのスウィーツにも合うコーヒーです。

 

中煎りは酸味を中心としたライトな味わいで、ややスッキリしてます。

 

どちらかというと、フルーツやチーズケーキ、今はタルトタタンなんかが合います。

 

極深煎りは強いコクと、向こう側にある甘味が特徴です。

 

甘味の強いチョコレート系が合うかと思います。

 

とはいえ、あまり深く考えずお好きな組み合わせで楽しんでください。

 

今はコーヒーも難しく語られることが多くなりました。

 

お客様は情報を食べている、と言われる時代なのでそれも必要だと思いますが、それによりお客様が「コーヒーって難しい」となってしまうのもどうかなと思ったりするのです。

 

なにより大事なのは、お客様が美味しいと思えること。

 

たかがコーヒー、されどコーヒー、でもやっぱりたかがコーヒー。

 

バビチャンカフェではお気軽にコーヒーをお楽しみください。